遺産分割協議を弁護士に依頼するメリットについて

遺産分割協議を進めるときには、なるべく自分の有利に進めたいと考えるでしょう。

ただ、あまり自分の我を通しすぎるとトラブルになってしまいます。かといって、遠慮しすぎていると、不利な条件になってしまう可能性が高く、問題です。

そんなときには弁護士によるサポートが役に立ちますので、今回は、遺産分割協議を弁護士に依頼するメリットをご紹介します。

 

1.遺産分割協議を弁護士に依頼するメリット

まずは、遺産分割協議を弁護士に依頼するメリットを、一覧でご紹介します。

  • 適切なアドバイスを受けられる
  • 妥当な解決に到達しやすい
  • 直接対峙しないので、感情的になりにくい
  • 有利な解決を期待できる

以下で、それぞれについて見てみましょう。

 

2.適切なアドバイスを受けられる

1つ目は、適切なアドバイスを受けられることです。

遺産分割協議を進めるときには、正しい方法を把握することが難しくなりがちです。

たとえば、自分としては、献身的に介護したから遺産を多めにもらえるはずだと思っていても、他の相続人は「むしろ、親に生活費を出してもらっていたから遺産を少なくすべき」と言うこともあります。

このようなとき、弁護士がついていたら、どちらが正しいのか判断できるので、自分が正しい場合には、自信を持って自分の主張を貫くことができます。

 

3.妥当な解決に到達しやすい

弁護士がついていると、法律的な考え方に従って遺産分割の手続きを進めるので、法的に適切な解決方法を実現しやすいです。どちらかの権利を無視した結果にはならない点もメリットと言えるでしょう。

 

4.直接対峙しないので、感情的になりにくい

遺産分割協議がもめてしまうのは、お互いが親族であるからという理由が大きいものです。いわゆる「骨肉の争い」です。

弁護士という第三者が入ることで、親族間の感情の対立を軽減することにつながります。弁護士が代理人になると、相手と直接顔を合わせて対峙することがなくなるので、お互いが冷静な気持ちを取り戻して解決につながりやすくなります。

 

5.有利な解決を期待できる

弁護士が遺産分割協議の代理人になっている場合、クライアントがなるべく有利になるように話を導きます。相手の言い分が間違っている場合には的確に反論をして抑え込みますし、依頼者の言い分が法律的な理解に合っている場合には、法律論を駆使して確実に権利の実現へとつなげます。

そこで、弁護士に依頼していると、自分で遺産分割協議を進めるよりも有利に解決できる可能性が高くなります。

以上のように、遺産分割協議を進めるなら、弁護士に依頼するといろいろなメリットを得ることができます。虎ノ門法律経済事務所では、弁護士と税理士が連携して相続をサポートしますので、是非とも一度、ご相談下さい。

 

無料相談ご予約・お問い合わせ

トップへ戻る

電話番号リンク 問い合わせバナー