遺留分減殺請求を依頼するメリット

遺留分減殺請求をするとき、自分で相手と交渉をすることも可能ですが、弁護士に依頼するとより有利に解決しやすくなるものです。

ただ、費用もかかるし、実際にどのくらいのメリットがあるものか、疑問を持たれていることもあるでしょう。

今回は、遺留分減殺請求を弁護士に依頼するメリットについて、虎ノ門法律経済事務所の弁護士が解説します。

 

1.時効に間に合わせることができる

遺留分減殺請求をするときには「時効」に注意が必要です。

遺留分は、「相続が開始したこと」と「遺留分を侵害する遺言や贈与」の事実を知ったときから1年が経過すると、時効消滅してしまうからです。

期間内に確実に請求する必要がありますが、自分で請求を行うと、確実に請求ができているか、不安に感じるものです。

弁護士であれば、確実に「内容証明郵便」を使って「遺留分減殺請求書」を送り、時効完成前に請求を行って権利を保全することができます。

 

2.手間がかからない

遺留分減殺請求をしようと思うと、かなり手間がかかります。遺留分減殺請求書を作成するのも手間ですし、その後、遺留分侵害者と交渉を進めなければなりません。

交渉が成立したら合意書を作成しなければなりませんし、決裂したら家庭裁判所で「遺留分減殺調停」をする必要があります。

弁護士に依頼したら、こういった手続きはすべて弁護士が行うので、クライアントの方は遺留分トラブルから離れて、ご自身の生活を続けていただくことができます。

 

3.相手との交渉を任せられる

遺留分減殺請求でもっとも大変な作業は「相手との交渉」です。一般的に、遺留分の請求者と侵害者は感情的に対立することも多いので、交渉をしてもスムーズに進まないことが多いですし、ストレスも溜まります。

弁護士に依頼すると、第三者が間に入ることになるので、お互いに感情的になるのを抑えることができますし、相手と直接交渉をするストレスを感じることもありません。

 

4.有利に解決しやすい

遺留分減殺請求をするとき、自分で相手と交渉をしても、「どのような解決方法がベストなのか」適切に判断することは難しいです。

たとえば、金銭賠償が良いのか現物返還が良いのか、金銭賠償ならどのようにして代償金を計算すべきかなど、決めないといけないことがいろいろあります。

弁護士であれば、こうした判断を適切に行い、クライアントがもっとも有利になるように解決方法を導きます。

 

5.調停や訴訟になっても万全の対応ができる

遺留分減殺請求をするとき、話合いをしても解決できないことがあります。そのようなときには遺留分減殺調停や訴訟をしなければなりません。自分一人では不安でしょうけれど、弁護士はこうした裁判手続きのプロなので、安心していただけます。

遺留分減殺請求を弁護士に依頼すると、支払う費用以上のメリットがあるものです。

時効の問題もありますので、遺留分侵害を受けていると思われるならば、お早めに弁護士までご相談ください。

 

無料相談ご予約・お問い合わせ

トップへ戻る

電話番号リンク 問い合わせバナー