遺産分割とは?

人が亡くなって相続が開始したとき、遺言書がなかったら、相続人が集まって「遺産分割」をしなければなりません。

そもそも、遺産分割とはどのようなものなのでしょうか?

また、遺産分割のサポートを依頼できる専門家の存在や種類について、把握しておくことも有用です。

今回は、遺産分割のことと、遺産分割に関連した専門家について、解説します。

 

1.遺産分割とは

遺産分割とは、法定相続人が相続財産や債務を分割する手続きです。

人が亡くなって相続が開始したとき、遺言書がなかったら、遺産は法定相続人が相続します。ただ、民法が定めるのは「法定相続分」という割合のみであり、「誰が、具体的にどの資産を承継するか」というところまでは決まっていません。

そこで、法定相続人が自分たちで「具体的な遺産相続方法」を決定しなければならないのです。そのための手続きが、遺産分割です。

 

2.遺産分割に関連する専門家

遺産分割のサポートを依頼できる専門家には、主に以下の4種類があります。

  • 弁護士
  • 司法書士
  • 行政書士
  • 税理士

以下で、それぞれがどのような特徴を持っているのか、確かめていきましょう。

 

3.弁護士

弁護士は、法律問題全般の専門家です。どのような法律問題にも広く対応していますし、裁判や裁判外で、完全な代理権を持ちます。

そこで、当事者の代わりに遺産分割協議の代理人を務めたり、遺産分割調停を申し立てたり審判の代理人を務めたりすることも可能です。

また、遺産分割協議書の作成や相続人調査など、手続的なことも依頼できます。

遺産相続のことで困ったら、まずは弁護士に相談することをお勧めします。

 

4.司法書士

司法書士は、不動産登記の専門家です。遺産相続をするとき、相続財産に不動産が含まれていることが非常に多いものですが、その場合、司法書士に依頼して、不動産の名義書換をしてもらう必要があります。ただし、自分で不動産登記をする場合、あえて司法書士に依頼する必要はありません。

また、司法書士には代理権はありませんが、相続人調査や遺産分割協議書の作成などであれば、依頼することができます。

 

5.行政書士

行政書士は、法律的には特に代理権などの権限が認められていません。書面作成の代理のみを行う専門家です。

たとえば、遺産分割協議書の文書作成などであれば、行政書士に依頼することができますし、相続人調査を行ってもらうことも可能です。

 

6.税理士

税理士は、税金の専門家です。税金の申告は税理士の独占業務なので、相続税の申告納税をするときには、税理士のサポートが重要となります。

虎ノ門法律経済事務所には、弁護士と税理士が両方在籍しており、相続問題全体をカバーすることができます。相続問題でお悩みの場合には、お早めにご相談ください。

 

無料相談ご予約・お問い合わせ

トップへ戻る

電話番号リンク 問い合わせバナー